会計事務所(税理士事務所・公認会計士事務所・税理士法人)、企業経理財務職の求人・就職・転職なら人材紹介アイ 大阪|京都|神戸|滋賀|奈良|和歌山

お役立ち情報

2012,10月

顧問税理士O氏=前編

 今回は人材紹介アイの顧問税理士O氏について書かせていただきます。最近の統計では法人及び個人とも事業所数が不況の影響もあり激減しているようです。開業税理士の方々にとっては厳しい状況が続きます。

 暗黙の了解でもあった顧問税理士のいる事業所には営業をかけないとのルールも破れかけています。人材紹介アイへも正々堂々と事務所名を名乗って「顧問税理士には満足されていますか・・・」との営業の電話がかかってきます。税理士業界も競争原理の風が吹き始めたようです。

 O氏と出会ったのは23年前、私(人材紹介アイの松本)が資格取得の講座運営会社で会計事務所への人材紹介業務を始めた頃でした。O氏は当時27歳の今で言うイケメンのすっきりしたスポーツマンタイプの男性でした。彼は税理士を目指し会計事務所への就職を希望していた求職相談者でした。

 中学時代から硬式野球にのめり込み甲子園を目指し野球の強い高校へ進学したのですがそこでは彼以上の強者が・・・。彼はプロの野球選手を諦め高校を卒業後は舞台装置設営の会社へ入りまじめに働いていました。O氏は将来はそのままサラリーマンとしてやっていくのではなく一人で自立できる仕事を模索していました。

 その職業として選んだのが税理士でした。簿記の3級から勉強を始め2級へさらに1級へと進み、私と出会ったのは6月の日商簿記1級の受験を終え結果待ちの7月のある日に求職相談に来た時でした。

 会計事務所へ就職するための必須資格である日商簿記2級は合格していましたが会計事務所の実務経験はなく会社経理の経験もありませんでした。何件かの実務未経験者でも可能な会計事務所を紹介しましたが競争が厳しくすべて採用までには至りませんでした。

 最後に私から紹介した仕事が私の下で会計事務所への人材サービスの業務に就くことでした。資格取得の講座を運営している会社でもあり税理士講座は無料で受講できること、将来税理士を目指すためにもいろいろな会計事務所を外から見ることも為になると説得しました。

 当時はバブルの影響もあり景気も右肩上がりで人材不足が恒常化しており私の職場でも人材を探していました。O氏は8月に結婚する予定もあり経済的にも就職は必然の条件でした。彼と話し合い税理士試験に3科目合格したら会計事務所への転職を再度するとの約束で私の下で仕事をすることになりました。

 日商簿記1級にも合格し新婚旅行を終えた8月のお盆明けからO氏は当初の会計事務所ではなく会計事務所をクライアントとする人材サービスの業務に就いたのです。合縁奇縁とはよく云ったものです。

税理士&税理士試験受験生の会計事務所への紹介は『人材紹介アイ』

顧問税理士O氏=後編

 自画自賛ではありますが私の見る目は確かだと実証されました。O氏の仕事振りは私を満足させるものでした。年2回の税理士試験後と税理士試験合格発表後に開催する会計事務所就職ガイダンス、年4回発行する会計事務所就職情報誌、そして時代の要請でもありました会計事務所への人材紹介業務も順調に右肩上がりの業績を描けるようになりました。

 O氏が入社してから1年後の12月の税理士試験合格発表の日でした。私は外出先でO氏からの電話を受けました。「税理士試験ですが科目合格しました。ありがとうございます」との彼の言葉でした。

 昨年入社前に日商1級に合格していたので簿記論に合格したと思いましたが結果は簿記論と財務諸表論の2科目に合格していました。正直すごいことを成し遂げたと驚きました。当時でも仕事と受験の2足の草鞋を履き1年目で2科目合格することは至難の業と云われていました。

 振り返って彼の入社してからの1年を思い浮かべました。今でも求職相談に来る受験生へアドバイスさせてもらいますが、彼の税理士になりたいとのモチベーションの高さと受験勉強に対する実行力の強さでした。

 彼は毎日昼休み時は愛妻弁当を食べると一人で会議室で勉強をしていましたし、仕事が遅くなり午後8時を過ぎても必ず税理士講座を受けに学校へ行きました。

 彼に聞くと2足の草鞋を履いているため受験勉強に時間をかけられないので予習中心の勉強方法を取ったとのこと、昼休みは次の授業の予習にあて授業に間に合わなくても分からないことを事前にチェックできたので必ず講義が終わるまでに学校へ行き担当の先生へ質問をしたとのことでした。

 次の年は税法に入りより難易度も上がったせいか合格はできませんでしたが3年目に税法1科目に合格し、当初の約束である3科目合格したら会計事務所への就職を再度チャレンジすることになりました。

 彼は実務経験はありませんでしたが3科目合格と会計事務所業界を3年間見てきたことも功を奏しある個人事務所へ転職することができました。転職した1年目は仕事に慣れることもあったのか科目合格はしませんでしたが、2年目には残り2科目の税法も合格し念願の税理士資格を取得しました。

 その後は2年ほど事務所勤務を続けながら税理士講座の講師も勤め独立開業を果たしました。『合縁奇縁』と前編で書きましたがO氏が独立した年に私も人材紹介アイを設立し独立しました。そしてO氏に顧問税理士になってもらいました。この16年間顧問税理士の必要性と有り難さをO氏を通じて実感させていただきました。

巻頭に記しました『顧問税理士には満足されていますか・・・』との営業の電話に私は自信を持って答えました。『満足どころか感謝をしています』と・・・。

税理士&税理士試験受験生の会計事務所への紹介は『人材紹介アイ』

電話番号:06-6374-8466
ページトップに戻る
関西の会計事務所への人材紹介に特化
人材紹介アイ
〒531-0071 大阪市北区中津1丁目18-18 若杉ビル3F
TEL/FAX 06-6374-8466(代)/06-6374-8467