会計事務所(税理士事務所・公認会計士事務所・税理士法人)、企業経理財務職の求人・就職・転職なら人材紹介アイ 大阪|京都|神戸|滋賀|奈良|和歌山

お役立ち情報

2013,7月

志は高く、腰は低く

 今月(7月)の24日の夜に天満橋の会計事務所へ所長のS氏を訪ねました。大川に面した事務所の面談室から向こう岸に続くかがり火が川面にゆれていました。聞くと天神祭りの宵宮とのこと。 4年前に自宅で独立開業をされその1年後に上記の天満橋に事務所を移転されたのは挨拶状で知ってはいましたが初めての訪問でした。

 S氏と出会ったのは14年前の春でした。その頃から税理士試験にも会計士試験、司法試験のように大学を卒業しても就職をしないで受験浪人をする方が増えていました。S氏もその一人でした。

  求職相談に来られた時は前年の税理士試験で最後の1科目となった税法科目に合格していました。また、前年の税理士試験後に会計事務所に勤め税理士試験発表の12月末でその事務所を退職していたのです。退職した理由については失念していたので今回あらためて聞いてみました。「あの退職は解雇でした」とのこと。

 聞いてみると最後の税法科目を受験した後に会計事務所へ入ったのですが本人は心身ともに燃え尽き症候群に陥ってしまったとのこと。仕事をする気力が湧かずとうとう所長先生より引導を渡されたのです

  S氏は関西の有名私大を卒業しているのですが大学進学も税理士試験の受験もとにかく働く気力が出なかったのが選択の理由だったと云います。ただS氏は税理士試験に挑戦(大学3回生で簿・財に合格、卒業年に所得税・相続税に合格、卒業2年目に住民税に合格と4回の受験で税理士試験に合格)したことで志を立てれば行動に迷いがなくなり結果を出せる自身に気付きを得たと云います

 税理士試験後の会計事務所への就職は不合格になったらとの心の揺らぎもあり仕事に集中できなかったことが解雇させられた理由だったと懐かしさを込めて照れ笑いをしていました。

 税理士試験で合格を勝ち得たS氏は再度心の立て直しを図ります。 「一人前の税理士になる」と志を立てるのです。そして確定申告明けに人材紹介アイの求職相談へ足を運びました。今でもその時の印象が残像として瞼に映ります。何を言っても「はいっ!はいっ!」の返事が返ってきます。背筋を伸ばし真直ぐに相手の目を見て話す姿勢に好感が持てました。

 社会人としての経験がほとんどないS氏を紹介することは受け入れてくれる会計事務所を選ぶことから始めました。ほとんどの会計事務所は人材紹介会社へは即戦力を求めて実務経験者の紹介を依頼されます

 人材紹介アイからはある若手で堅実なK先生を紹介しました。開業8年目で堅実な成長をされていた事務所でそろそろ勤務税理士の採用も考えていました。結果はすぐに出ました。採用となりS氏も素直に受け入れました。

 それから10年、一人前の税理士を目指しひたすら仕事に励み事務所の幹部として手腕を発揮していました。そして、独立開業を決めたのです。ホームページには≪日本一腰の低い税理士≫と決意を示しました

 なぜ独立を決意したのかを今回聞きました。子供が病気になり入院した時、お見舞いに行くと不治の病にかかった子供病棟を通り抜けます。その度に人生に挑戦できる機会を与えられない子供もいる、自らは決してその機会を放棄してはならないと強く心に刻んだとのこと

 S氏は再度「自立する税理士」を志して自宅で開業したのです。そして今回の訪問となりました。天神祭りの宵宮が更けるまで話をしました。最後にS氏が云いました。 「開業して朝から夜は終電まで仕事をしています。今、何のために・・・と、自身に問う自分がいます」と。そして「答えは自分で必ず出します。新たな志を必ず立てます」と。

 明日の本宮が楽しみになりました。

税理士&税理士試験受験生の会計事務所への紹介は『人材紹介アイ』

電話番号:06-6374-8466
ページトップに戻る
関西の会計事務所への人材紹介に特化
人材紹介アイ
〒531-0071 大阪市北区中津1丁目18-18 若杉ビル3F
TEL/FAX 06-6374-8466(代)/06-6374-8467