会計事務所(税理士事務所・公認会計士事務所・税理士法人)、企業経理財務職の求人・就職・転職なら人材紹介アイ 大阪|京都|神戸|滋賀|奈良|和歌山

お役立ち情報

2014,1月

S氏に今必要なものは

やしきたかじんさんが今月3日に亡くなられました。関西を愛し関西へ元気エールを送り続けたたかじんさんの逝去は関西人には正月早々の衝撃ニュースでした。今も追悼番組が関西の各局で流されています。たかじんさんのご冥福をお祈りします。

 このブログでは人材紹介業務を通じ印象に残った方々を当初は筆者の思い出として投稿させていただきましたが、正確を記す為にこの1年はお会いしご本人の確認を得てご紹介をしています。

 今回は税理士のS氏(45歳)を紹介します。たかじんさん逝去のさみしさもあり働き盛りの誠実で元気な税理士を紹介したいと思ったからです。

 S氏と初めてお会いしたのは16年前の夏です。29歳の背の高い精悍で誠実な青年でした。神戸の公立大学を卒業し専門商社に入り特殊鋼を扱っていました大学で中国語を学んでいたこともあり香港での駐在も経験し仕事には不満はなかったのですが将来に対しては漠然とした不安がありました

 大学の3回生の時に1年間休学し台湾へ語学留学をしたときに台湾の学生はほとんどがサラリーマンではなく起業することを目標にしていることを知ります。当時の台湾は日本のような大手企業が少なく定年まで働く終身雇用もなく、自身の仕事は自身で起業するのが当たり前でS氏も自身の将来は自身の責任で担いたいと考えるようになったのです

 その職業として税理士を選んだのは在職時代に仕事上の必要もあり学んだ簿記2級がきっかけでした6年間勤めた商社を係長職で退職し税理士試験を目指すことになります

 退職したのが4月でその年の税理士試験は間に合わなかったこともあり6月の日商1級を受験します。初めての受験でしたがなんと一回で合格してしまいます。そして人材紹介アイの求職相談に来たのです。

 会計事務所の経験はもちろん経理の仕事もしたことがありません。紹介できる会計事務所は少なかったのですがS氏の商社の仕事を通じて社会人として育まれた人柄は会話をすれば伝わってきました

 大阪の難波で堅実な事務所作りをされていた若手税理士のT先生へ紹介しました。今でも憶えていますがT先生へ紹介した際にS氏は経験はありませんが人物には自信を以て紹介できますと進言したことを思い出します。

 採用されたS氏の仕事ぶりは先生を裏切りませんでした。また働きながらの税理士試験への挑戦も順調でした。1年目は3科目受験と頑張り過ぎてすべて不合格でしたが2年目には簿記論と法人税に合格し3年目には財務諸表論4年目には相続税5年目に固定資産税に合格し税理士試験合格を果たしたのです

 そして合格して4年が経過した平成20年の春にS氏から独立開業の挨拶状が届きました。その時は電話でお祝いをし、その後も年賀状のやり取りだけでお会いすることもなかったのですが今年の年賀状が宛先不在で返ってきました。S氏からの年賀状を見ましたら住所が変わっていたのです。

 文頭に記しましたようにたかじんさん逝去のこともあり元気なS氏に会ってみたくなりました。16年ぶりです。心斎橋からアメリカ村を通り四ツ橋筋に出る手前にS氏の事務所が入るきれいなビルがありました。途中でビールとおつまみを買いS氏の事務所を訪問しました。

 S氏の誠実な人柄は16年前と変わりません。開業当初は7坪の事務所でスタートし4年半後の一昨年の12月に20坪の現事務所へ移ったとのこと。昨年にパートの女性を採用し堅実な事務所運営をしていました。

 抱負を聞くと今後も人との縁を大切に堅実に成長していければと控えめに語ります。ただ驚いたことは・・・独身だったことです。仕事もそうですが自然体で堅実なS氏は「出会う機会がありませでした」と謙遜します。

 人生を前向きに誠実に歩いてきたS氏に今一番必要なものは、そうですお嫁さんでした。“やっぱ好きやねん„のたかじんさんの唄がなぜかしら聞こえてきました。

税理士&税理士試験受験生の会計事務所への紹介は『人材紹介アイ』

電話番号:06-6374-8466
ページトップに戻る
関西の会計事務所への人材紹介に特化
人材紹介アイ
〒531-0071 大阪市北区中津1丁目18-18 若杉ビル3F
TEL/FAX 06-6374-8466(代)/06-6374-8467