会計事務所(税理士事務所・公認会計士事務所・税理士法人)、企業経理財務職の求人・就職・転職なら人材紹介アイ 大阪|京都|神戸|滋賀|奈良|和歌山

お役立ち情報

2015,1月

大寒(冬)から立春(春)へ

 平成27年の1月も早いもので今日で終わりです。季節の移り変わりを古(いにしえ)の人は「二十四節気」と云って1年を24の期間に区切り各時期を2文字で表現しました。1月は小寒と大寒2月は立春と雨水です。1月終わりから2月初めは二十四節気では大寒(冬)から立春(春)へと変わる季節です。

 昨年12月初旬の税理士試験の合格発表で不合格だった受験生にとっては、二十四節気で示すと12月(大雪と冬至)、1月(小寒と大寒)は落ち込んで人生の真冬を感じさせられることになりますが、2月(立春と雨水)、3月(啓蟄と春分)は新たな希望を感じる表現へと季節が移るにつれて気持ちを立て直し、夏の税理士試験へ向けて再び動き出すのもこの季節の変化が後押しをしてくれるからかもしれません。

 今回はこのブログのアーカイブから税理士試験不合格から気持ちを立て直し再度挑戦者として税理士試験へ立ち向かっていった印象に残る方を紹介します。最初に紹介するのは「冬来たりなば春遠からじ」(2014年2月)の女性税理士Sさんです。

 父親が税理士のSさんは自身も税理士を目指します。そのためか会計事務所での仕事はより高いレベルへ敢えて挑戦しました。税理士資格は3科目合格と大学院での修士修了で取得を目指しましたが修士論文が認定されず税法2科目の試験合格を余儀なくされます

 Sさんは二足の草鞋を履きながら(働きながら受験勉強をする)二兎(二科目合格)を追います。一科目の税法合格は成し遂げましたが最後の一科目の時に仕事への意欲から更なる挑戦をします。より高いレベルの会計事務所の仕事を求め転職をするのです

 さすがのSさんも業務に忙殺され力尽きてしまい最後の一科目の合格は手にすることは出来ませんでした。ただ仕事では自身の限界まで挑戦したSさんは遠回りにはなりましたが後悔はしませんでした

 仕事の面白さを知ったからです仕事の面白さを知ればこそ税理士の資格の必要を感じたのです。そのモチベ—ションがSさんに半年の受験浪人を選択させ最後の1科目合格を確実にさせたのです。Sさんは昨年の春郷里で開業をしました

 次に紹介するのは「D判定を逆転V判定へ」(2013年6月)のA氏です。A氏は大学卒業後サラリーマンから家業の手伝いを経て税理士を目指し会計事務所へ勤めます。その会計事務所では15年勤め副所長の重責を担い税理士試験も3科目合格までになっていました

 A氏は40歳を機に決意をします。現職のままでは多忙過ぎて税理士試験には合格できないと考え1年間限定の受験浪人に入り残り2科目の合格に賭けたのです。結果は1科目のみ合格で再度会計事務所へ勤務し最後の1科目を受験することになりますが2年続けて不合格となります。

 年齢、経験からもその事務所では幹部候補としての仕事を任されます。3年目に入りその事務所での仕事にも慣れたこともありA氏は最後の1科目の合格を決意しある行動に出ます

 確定申告後に所長へ直訴をしたのです。「今年の税理士試験で税理士合格を果たしたいので今後は退社時間を早くさせてください」と。所長は了承してくれました。有言実行、絶対合格を敢えて自らに課したのです

 ところが税理士試験2か月前の模擬試験では何とD判定(合格不可能)でした。A氏は最後の賭けに出ました過去問の徹底分析です。そして「窮すれば通ず」が現実になります。予想問題が浮かんできたと云いますそして予想問題は正夢になったのです

 A氏の不退転の決意が有言実行となり税理士試験合格の夢を正夢にしたのです。A氏は今税理士法人となったその事務所で幹部税理士として活躍しています

 成功には近道や必要とされる能力があるわけではなく成功するまで諦めずにやり続けることだと云われます。SさんもA氏も与えられた環境の中で自身の選択した道を精一杯やり続けたからこそ今があると思われます

 大寒から立春へと移り変わるこの時期にあらためて気持ちを立て直し,夏の税理士試験に向けて自らの選択した道を精一杯継続してください。

 季節の移ろいを表現している二十四節気そして七十二候に自身を重ねて見ると、そこには偶然ではなく必然のつながりの中に生かされている自身が見えるかもしれません

 あなたは今、二十四節気のどこに自身の姿を見つけますか。

税理士&税理士試験受験生の会計事務所への紹介は『人材紹介アイ』

電話番号:06-6374-8466
ページトップに戻る
関西の会計事務所への人材紹介に特化
人材紹介アイ
〒531-0071 大阪市北区中津1丁目18-18 若杉ビル3F
TEL/FAX 06-6374-8466(代)/06-6374-8467