会計事務所(税理士事務所・公認会計士事務所・税理士法人)、企業経理財務職の求人・就職・転職なら人材紹介アイ 大阪|京都|神戸|滋賀|奈良|和歌山

お役立ち情報

2017,6月

M氏のプロフェッション戦略(下)

 「石の上にも3年」とはよく云われますが、M氏も開業3年目ごろから事務所の将来像を考える余裕が出来たと云います。今月M氏はめでたくご結婚をされました。充実した日々を送るM氏に最後の投稿をしていただきました。
 
 1年を過ぎたころからポツポツと問い合わせも増えてきて少しずつ事務所経営も安定するようになってきました。とにかく会計士協会と税理士協会に払う年会費(まあまあ高い)だけでも稼がないとひたすら赤字が続いてしまうので・・・。
 
 やはりホームページを制作したり、いろんなところへ挨拶に行くことの効果は少しタイムラグがあるようです。独立開業を目指す方はこの最初の1~2年を我慢できるかどうかが最初の壁だと思います
 
1年目→大赤字(笑)、ただし時間的余裕のあるこの時期にいろいろ手を打つ必要あり!
2年目→トントン(汗)、ここを我慢できるかどうか!
3年目→普通のサラリーマンの感覚になれる(安堵)、このあたりから事務所の方向性が見えてきます!
 
 そして開業4年目に突入した今今後の展望を色々考えるようになってきました。税理士や会計士を目指すのであれば顧問先の経営計画に携わる機会もあると思いますが、自分自身の事務所経営にも同じことが言えます。中小企業の場合はあまり長すぎる計画は絵に描いた餅で終わってしまうので一般的には3年ぐらいを1つのスパンで考えることが多いのではないでしょうか
 
 実際に私の事務所も3年かけて顧問先がゆっくりと増えてきたのでそれまでは1人で頑張っていました。そして3年目の終わりごろに初めてパートの事務員さんを雇うこととなり次のステップに向かうこととなりました
 
 当初は「採用なんかしても大丈夫かな?」と不安がありましたが、今振り返ってみるとこのタイミングで採用して本当によかったと思っています。特に採用は「縁」ですから欲しい時に欲しい人材が来るとは限りません。(いやぁ~、ほんとにこの時にいい人が来てくれました!)
 
 他にもこの時期になると「事務所を広いところに移転しようかなぁ~?」と思うようにもなりました。(ただ創業地に思いのほか愛着がわき、狭くてもここでいいかとの思いもあります)それもこれも3年経過し事務所経営がある程度安定したことで心にも余裕が生まれたためだと実感しています
 
 おそらくまた3年後には新たなステージの岐路に立ち、どうすればいいのかと云うなかなか結論の出ない悩みを抱えているものと思います。
 
 ちなみに私の事務所では創業からの顧問先が多いため、社長に「こうしたらいいんじゃないですか・・・」等とアドバイスをしているうちに自分自身の事務所に対しても知らず知らずのうちにアドバイスをしているような感じになっています.
 
 確かに、顧問先の売上を伸ばすために投資や融資採用の話をしているのに自身が実践しなければ全く説得力がありませんからね・・・
 
 むしろ、顧問先へのアドバイスを自身で試すことができるのは事務所経営をしている特権ともいえるかもしれません。この試行錯誤を繰り返す3年周期を何回も経て顧問先とともに私の事務所も一緒に成長していければと考えています。
 
 10年後には私も50歳目前となり、事務所の経営改革も2~3回転して色々と雰囲気も変わっているかもしれません。(ひょっとするともう閉鎖しているかも・・・、最悪の結果もあるかもしれませんが)
 
 ただ、そういうこともあり得るということを常に頭に入れておかなければ少し大げさかもしれませんが自分自身が経営者として事業を行う資格はないと思います
 
 世の中には絶対はないので自分自身も常に向上心を持って、そして危機感を持って毎日の経営に当たらなければならないと肝に銘じておかなければなりません。
 
 そして、今後については今日より明日明日より明後日と少しずつでも顧問先のために知識を磨き経験を重ね信頼を得られるように努力をしていきたいとの思いを強く感じています

電話番号:06-6374-8466
ページトップに戻る
関西の会計事務所への人材紹介に特化
人材紹介アイ
〒531-0071 大阪市北区中津1丁目18-18 若杉ビル3F
TEL/FAX 06-6374-8466(代)/06-6374-8467